IMAGINATION

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IMAGINATION

★魔法がかかったような商品をお届けします★

ドラマ「下克上受験」を見て思うことpart2

ドラマ「下克上受験」を見て思うことの第2回です。

 

ドラマのホームページのリンクはこちら↓

www.tbs.co.jp

 

 

前回の記事はこちら↓

 

maturikun.hatenablog.jp

 

 

前回学歴社会についてを熱く語りました。

今回は自分の子供ができた場合どうするかを話します。

 

 

 

子供ができたら

 

 日本における学歴の凄さは思う存分理解できました。それでは、実際に子供ができた場合僕はどう思うのでしょう。

 

 おそらく、ドラマの主人公と同じように勉強を共に頑張り難関中学校とはまでは言わないものの、偏差値60程度の学校を目標にしようと思います。

 

 

大学入学の持論

 

 可能な限り子供には大学へ進学させたいですが、大学ならどこでもいい訳ではありません。正直誰でも行けるような大学に通うぐらいなら、高校卒業後就職するのがほとんどの学校でトップを目指させます。

 

 僕もそうしました。初めから大学に行きたくなかった訳でなく、偏差値の高い大学に進学している高校の入学は、学力的に厳しかった為就職前提の高校へ入学しました。親からはもちろんトップを目指すように言われ、たいていの目標は達成できたと思います。

 

 工業高校のトップにいると大卒で就職するには難しいような一流企業に就職することができます。もちろん学年で10番以内を目標にしなければなりませんが。なので中途半端な大学に進学するより、工業高校で上位の成績で大企業に高卒として就職することができれば偏差値が微妙な大卒より生涯賃金は高くなると思います。

 

結果として

上を目指せるなら地元1の進学校の高校へ

厳しいなと思えば工業高校でトップを目指すです!

 

 余談ですが工業高校にもすごいやつはいます。僕の同級生は期末テストの時に「このテストで今後の数十年が決まる」そう言っていました。工業高校で上位に入らなけでばかなり悲惨な状態になりますし、たいていの人が一生に同じ会社に勤めることを考えると、同級生に言っていることは決して過言ではありません。その同級生は一流企業に就職し今でも豊かな生活を送っています。僕のように内に秘めてテスト前にはしっかりと勉強してくるやつもいるので安易な気持ちで入学してはいけませんよ(笑)

 

 最低中学校の時にそのことに気づけば一生懸命に勉強を頑張っていたと思うんですけどねー

 

 

 

子供の意思は尊重!!

 

 子供の意思はしっかりと尊重します。ドラマでは主人公だけでなく、娘も中学受験を望んで一緒に勉強を頑張っています。今後の展開が楽しみですがここはブレないと思っています。

 

 実際に僕も子供を育てるなら必ず子供の意思は尊重します。親の言う通りの進学先は嫌ですからね。それにある体験談があります。

 

 

 

弟は中卒

 

 僕の弟は中卒です。決して頭が悪かったとか、不良だった訳ではありません。むしろ頭はかなり良く、ノー勉で中学校の成績もトップクラス。そしてノー勉で県内有数の高校に入学しました。

 

 しかし、弟は勉強が嫌いでした。弟は高卒就職を考えていて工業高校に進学したいと言っていたのですが、中学校の担任の先生や親も猛反対しました。工業高校に進学するにはあまりにも成績が良すぎたのです。

 

 結局、高校進学後は流石の頭もノー勉ではついていけなくなり退学することになりました。今は親のコネで地元の塗装業の仕事をしています。失礼ですが中卒らしい仕事で毎日作業服をドロドロにして帰ってきます。そして休みも少なく給料も特別高くはありません。それでも弟は毎日幸せそうですが(笑)

 

 おそらく、弟の望み通り僕と同じ工業高校に進学していれば余裕でトップだったでしょう。自分で自分の母校をバカにする訳ではないですが、中学校の復習に毛が生えた程度に専門分野が追加された程度です。中学時代にトップクラスにいた弟ならノー勉でも余裕でトップでしょう。そうすれば今よりも良い条件の会社に就職できていたと思います。

 

 担任の先生を含め家族全員が弟の期待していました。日常の会話でも頭いいなーと思うことがあります。しかし、上にいけばいくほど周りも賢いですから結局は本人の努力が必要になります。このことについて母親は結構後悔していました。

 

やはり子供の意思は尊重しましょう!

 

 

 

 

僕は中学校でもっと頑張っていればなと後悔しています。

しかし、もうどうにもなりません。

学生の皆さん。特に小・中学生の皆さん。

今の数年が今後の将来を決めます!

これは必ずです!

運要素はあるけど、頑張らないと夢のある生活はできませんよ。

先生や親がもっと勉強しろと言うのは決して間違いではありません。

 

僕は後悔しています。

皆さんは後悔しないように頑張ってください!

 

以上です。